たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
xiweolo

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

持続可能性 エネルギーの最適化

まず、石油技術の改良を紹介します。従来の車にとっては燃費が非常に重要なことを示しており、動力を高め、軽量化を高め、走行抵抗力を低下させ、サービスの停止、エネルギー浪費などを削減し、被害のエネルギーを回収します。我々はこれらの方面への改良を積極的に推進しており、これからもエンジンの伝達の効率性を高めることを積極的に検討しており、さらには混合動力技術となる」と述べたハイブリッド技術は、充電を必要とせず、インフラを備えていないため、持続可能な施設を備えていないため、良好な友好とグリーンなどの特徴を備えているが、省エネや省エネのために最適だという特徴がある」と述べた



また、電力と同等の重要なのは、代替燃料、水素エネルギーであるこのような代替技術は、アプリケーションおよび燃料電池の開発に使用される航続距離が長く、低温起動性、能源組合これらの技術的な課題が徐々に攻略されており、コスト削減もしている」と述べた以上のように、様々な次世代移動ツールを説明したが、図に示すように、ガソリン、電気、水素が走行するエコカーは、それぞれの特技を使用して使用されることになるだろう
  


  • 2017年08月15日 Posted by xiweolo at 18:32Comments(0)

    空襲警報の出た


    米戦闘機B29が編成を組んで東京上空を飛ぶのを近藤富枝は目の当たりに見ている。
    つまり死と向かい合わせになっていた。
    それでも「なんてB29は美しいんだろう」と思ったと言う。

    又、どうせ死ぬなら職場のNHKで死にたいと、空襲警報の出た中で出勤したという。

    母も含めて空襲体験者に聞くと、閃光煌めく飛行機は美々しくも見えたそうだ。
    恐怖も極限を超えるとそうなるのだろうか?
    もっとも、富枝はさらに「私は美しいものが好き」と続けるからかなり吹っ切れた人と思える。

    女子アナの先駆者、近藤富枝は平穏な境遇で育った人ではない。
    父親が日本橋の大店の主人だった遊び惚けて倒産、離婚、彼女は父方の祖父母に育てられた。
    当時として最高教育の女子大に行ったのだから経済的には恵まれていた様である。

    しかし、美しいものに一途になる気質と実の母と遠い事が私には関連性がある様に思えてならない。


    先ほど、彼女は嘘ばかり放送していたと述べたが当時はそれを知らなかった。
    つまり与えられた原稿を、そのまま明確に伝えるだけだったのである。

    当時の放送部員の殆どがそうだった。
    そう言う自由も無かったし、もっと言うなら恋する自由も抑圧されていた。

    公共放送の職員だから、それなりに飢える事は無かったが、ロマンスには全く恵まれていなかった。  


  • 2017年06月29日 Posted by xiweolo at 18:24Comments(0)

    不安と葛藤を


    「山に来て 二十日 経ぬれど あたたかく
    我をば 抱く 一樹だになし」
    この岡本かの子の歌を、近藤富枝は学友と口ずさんだそうである。

    恋人同士が公然とデートすると「非国民」と言われる時代風潮だけでない。
    同年代以上の男子は殆どが戦争に取られていたからだ。
    子供たちは疎開して、男性は老人と病人だけだった。
    町も活気を失い灰色にくすんでいた。

    昭和20年3月9日、当時NHK本社内幸町にあった。
    社内で8時頃まで彼女と先輩の女性は話し込んでいた。
    軍隊に取られた恋人への想いを先輩は一気に打ち明けたのである。
    南方の戦線でどうしているか、不安と葛藤を日頃大人しい先輩が訴えた。
    彼女と別れた後、富枝は市川の祖父母家にその夜泊まった。


    深夜東京は未曾有の大空襲に見舞われた。
    電車も架線が電柱にぶら下がり、交通は遮断されている。
    彼女は市川から東京の勤務先まで歩いて通った。

    やっと着いた職場に昨夜話し込んだ先輩は居なかった。
    先輩は日本橋に住み、昨夜の空襲で明治座に逃げ込んだが煙で窒息死したのだった。
    昨日まで熱い血の流れていた友が、今朝は二度と血の流れぬ冷たい屍体となる。
    それが戦中の日常だったのだ。

    この様な過酷な日々が過ぎて、戦争は漸く終わりを告げた。
    同年8月15日、玉音放送をする時に彼女は立ち会っている。

    その日の帰り道で、富枝はある人のことを気にかけて居た。
    東京での幼馴染で今は軍人である。
    兵器を統括管理する任務にあたっている。

    彼の駐屯地は千葉の稲毛の戦車隊である。
    責任ある地位だから、さぞかし軍隊の後処理が大変だろう、敗戦でさぞかし窶れているだろう。

    彼女は気になって仕方ない。
    そして単身千葉の彼の下へ向かい彼を慰問した。
    暗い萎びた顔の彼を必死に勇気づけたのも彼女である。

    全ての兵器処理を終えた後、彼は彼女の家に行き結婚を申し込んだ。
    近藤富枝はNHKを辞めて彼と結婚した。

    彼女が作家になったのは戦争体験の手記が世に出て以降だと言う。  


  • 2017年06月29日 Posted by xiweolo at 18:23Comments(0)